「ふるさと納税」で食費15,000円節約!毎年リピしたい返礼品まとめ

【2022年は値上げラッシュ!】食費や光熱費が値上がり…なぜ?値上げの理由・対策方法まとめ

【値上げラッシュ!】食費や光熱費が値上がり…なぜ?値上げの理由・対策方法まとめ がんばらない投資術
Sponsored Links

ども。さん太(@PonkotsuSanta)です。

さん太
さん太
私は26歳で「貯金ゼロ」を経験。その後「お金の仕組み」を学び、7年で資産2,000万超えを達成しました。その道のりで学んだノウハウをブログで無料公開しています
【親ガチャにハズレた人も成功できる】33歳で資産2,000万円をつくった「現実的な」方法まとめ【1年間で+1,000万円】
「親ガチャ」にハズレても経済的な成功は可能です。33歳で資産2,000万円(1年間で+1,000万円)をつくった「現実的な」方法をまとめてご紹介します。
家計ピンチさん
家計ピンチさん
ニュースで知ったんだけど、今年って食品や光熱費で「値上げ」が多くない?なんでなんだろう……?
さん太
さん太
そのとおり、今年は「値上げラッシュ」の1年になります。その理由と対策を解説しますね!
【本記事はこんな方に役立ちます】
・今年値上げされる食品・光熱費などを知りたい
・正直家計が厳しい……値上げの対策方法や節約術について知りたい
・来年以降も値上げは続く?今後の値上げ事情について知りたい
Sponsored Links

2022年は値上げラッシュ!…なぜ?値上げの理由は?

家計のピンチに悩むイメージ
長らく安い物価水準を維持してきた日本ですが、2022年は食費や光熱費(水道・電気・ガス)など「値上げ・値上げ・値上げ」の厳しい一年になりそうです。

2022年7月からは値上げラッシュがさらに本格化し、帝国データバンクの調査によると、なんと食品だけでも15,000品目以上が値上がりしているとのこと。

2022年の食品値上げは、6月末時点で6451品目が該当していると判明。
以降、7月が1588品目、8月には月単で初めて2000品目を超えるとし、10月には過去最大の3000品目が予定されています。
累計1万5257品目に上り、値上げ率平均は13%となっています。

2022年に値上げされる食品・飲料・日用品まとめ

2022年に値上げされる予定の食品・飲料・日用品をまとめました。

・山崎製パン:食パン・菓子パンなどを1月から値上げ
・日清フーズ:小麦粉・パスタなどを1月から順次値上げ
・ネスレ日本:ネスカフェなどを1月から値上げ
・カルビー:ポテトチップスなどを1月から値上げ
・湖池屋:ポテトチップスなどを2月から値上げ
・日本ハム:ハム・ソーセージなどを2月から値上げ
・J−オイルミルズ:なたね油製品などを2月から値上げ
・マルハニチロ:瓶詰・缶詰・すり身商品などを2月から値上げ
・日本水産:冷凍食品・すり身商品などを2月から値上げ
・キッコーマン:しょうゆを2月から値上げ
・セブンイレブン:サンドイッチなどを3月から値上げ
・ローソン:サンドイッチ・サラダ・おにぎりなどを3月から値上げ
・大王製紙:「エリエール」ティッシュペーパー・トイレットペーパーなどを3月から値上げ
・キユーピー:マヨネーズなどを3月から値上げ
・カゴメ:ケチャップなどを4月から値上げ
・東洋水産:麺類、冷凍食品などを4月から値上げ
・ファミリーマート:ホットスナックの一部商品を4月から値上げ
・大塚製薬:クリスタルガイザー4月から値上げ
・日本製紙クレシア:トイレットペーパーなどを4月から値上げ
・森永製菓:菓子50品目を6月から順次値上げ
・エスビー食品:家庭用香辛料製品191品目を6月から値上げ
・日清食品:カップヌードルなど即席麺、スープを6月から値上げ
・昭和産業:菜種油・オリーブ油などの食用油を7月から値上げ
・味の素:マヨネーズなどを10月から値上げ(直近2年で3度目の値上げ)
さん太
さん太
特に「カップヌードル」値上げのニュースは反響が大きかったですね……

カップヌードルは2015年には小売価格170円(税別)でしたが、2022年6月から214円(税別)に。わずか7年ほどで「25%」も値上げされたことになります。

気になる「値上げ額」は、帝国データバンクの調べによると、「平均13%」という結果が出ています(『食品主要 105 社』価格改定動向調査)。

家計ピンチさん
家計ピンチさん
「13%」って、今の消費税より多いじゃない……!きついなぁ……

また原材料の高騰などを理由に、大手の外食チェーンも値上げに踏み切っています。

【2022年に値上げする外食チェーン】
・丸亀製麺:うどん・揚げ物などを1月から値上げ
・ゆで太郎:そば・揚げ物などを1月から値上げ
・ミスタードーナツ:ドーナツなど33品目を3月から値上げ
・コージーコーナー:生菓子、焼き菓子などを3月から値上げ
・マクドナルド:ハンバーガーなどを3月から値上げ
・スターバックスコーヒー:定番のドリンクメニューやコーヒー豆などを4月から値上げ
・鳥貴族:フード・ドリンク、食べ放題メニューなどを4月から値上げ
・リンガーハット:長崎ちゃんぽん・皿うどんを4月から値上げ
・餃子の王将:餃子・唐揚げ・炒飯などを5月から値上げ
・カレーハウスCoCo壱番屋:カレー、トッピングなどを6月から値上げ
・天丼てんや:天丼など14品目を6月から値上げ
・ケンタッキーフライドチキン:サンド・オリジナルチキンなどを6月から順次値上げ
・ロイヤルホスト:グランドメニュー・テイクアウト15品目を7月から値上げ
・スシロー:寿司メニューを10〜30円、10月から値上げ

【2021年に値上げした外食チェーン】
・松屋:牛めしなどを9月から値上げ
・吉野家:牛丼などを10月から値上げ
・びっくりドンキー:サラダやドリンクなどを10月から値上げ
・すき家:牛丼などを12月から値上げ
・いきなり!ステーキ:ステーキなどを12月から値上げ

さん太
さん太
2021年の秋冬から牛丼チェーン各社やいきなり!ステーキが値上げしていましたが、2022年はさらに値上げの波が広がっていますね……
モニカ
モニカ
スシローが創業以来初の値上げって大事件だよな。100円寿司の時代も終わりかぁ……

2022年に値上げされる光熱費(水道・電気・ガス)・交通費まとめ

生活に欠かせない水道・電気・ガスなどの光熱費、交通インフラも値上げラッシュ。

電気・ガスについては全国的に値上げ、一部の市では水道料金も値上げされる見込みです。

・電気代:電力会社9社が3月から値上げ
・ガス代:大手都市ガス4社が3月から値上げ
・水道代:一部の自治体で順次値上げ
・JR東日本:繁忙期の新幹線・特急の指定席料金を最大約3割値上げ
・首都高速道路:通行料金を4月から値上げ
さん太
さん太
久しぶりに光熱費の請求書をチェックしたら、去年よりかなり高くなっていてびっくりしました……!

キツすぎ…!「史上最高」の税・保険料負担が家計に大打撃

さらに、2021年度の調査によると、税金や社会保険料などの「国民負担率」は、日本史上最高と予測されています。

物価上昇は節約で対処できますが、こちらはどうしようもありません。

国民の所得に占める税金や社会保険料などの負担の割合を示す「国民負担率」は、今年度・令和3年度は前の年度をわずかに上回って48%と、これまでで最大となる見込みです。所得が増えたものの、税金の増加がそれを上回ったことで負担率が上昇しました。(中略)
日本の国民負担率は、50年余り前の昭和45年度には24.3%でしたが、高齢化に伴う社会保障の負担増加などにより、上昇傾向が続いています。

せっかく頑張って働いても、「半分近くが天引き」される世の中はやるせない気持ちになりますよね。

家計ピンチさん
家計ピンチさん
ウチは基本給がちょっと上がったけど、それ以上に「働き方改革」で残業代がほとんどカットされちゃった……
さん太
さん太
わかります…!私もここ数年お給料が伸びません……

このように「働き方改革」によって、残業代が大幅カットされた方も多いかと思います。

所得は減ったのに物価が高く、「税・保険料負担は重い」のが、今の現役世代を苦しめる「三重苦」となっています。

Sponsored Links

2023年以降も値上げは続く?今後さらに家計が厳しくなる理由とは

家計ピンチさん
家計ピンチさん
食品や光熱費が一斉に値上げされると毎月もやりくりも厳しくなるなぁ……でも来年はもう大丈夫だよね?
さん太
さん太
残念ながら「値上げ」の流れは来年以降も続くと予想します。その理由を説明しますね

なぜ、「値上げラッシュ」は今後も続くと予想されるのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

  1. 原油をはじめとする原材料が高騰している
  2. 有名企業が値上げを続々と公表している
  3. 日本はもともと物価が安い
  4. 世界的に人手が足りない

原油をはじめとする原材料が高騰している

エネルギーやプラスチックなどの原料として使われる「原油」が、主に以下の理由で高騰しています。

・コロナ蔓延が原因で停滞していた経済活動が活発になりつつある
・コロナ蔓延が原因で停滞していた人の動きが活発になりつつある
・世界的な「脱炭素化」への方向転換によって産油国が意図的に供給を減らしている
さん太
さん太
さらに、2022年2月にはロシアによるウクライナ侵攻が始まり、原油価格はさらに不安定になってきています……

もともと「石油をたくさん生産して、たくさん使う」という構造は、環境問題を度外視した考え方でした。

今までの「物価の安さ」は、地球環境よりも「人々の(物質的な)豊かさ」を優先することで支えられてきたのです。

しかし昨今「サステナブル」「SDGs」などの言葉に代表されるように、「環境と生活の豊かさのバランスをとろう」という考え方も広まってきました。

これにより、安い化石燃料を「よりクリーンな」エネルギーや素材に代えていく動きは今後ますます広がると考えられます。

そう考えると、エネルギーや物価は、今までが「安すぎた」のであり、今後は適切な価格に戻っているだけ、とも言えます。

有名企業が値上げを続々と公表している

前述の通り、大手の食品メーカーや外食チェーン、電力・ガス会社が揃って「値上げ」を公表しています。

また、アパレル大手のユニクロなど、公表はせずにこっそり値上げする「サイレント値上げ」も報告されています。

原材料価格の高騰を理由に、一部商品の値上げを示唆してきた『ユニクロ』。2022年を迎えてから、すでに何点かの商品を値上げしたようで、利用者から不満の声が相次いでいる。
値上げされたのはスウェットやパーカーなどのアイテム。どれも事前の告知はなく、『スウェットシャツ(長袖)』は1990円から2990円に値上げ。他の商品も1000円ほど値上がりしているようだ。

大企業がこぞって値上げを表明したことで、消費者の間でも「原材料も人件費も上がっているし、値上げは仕方ない……」というムードが生まれます。

すると、今は値上げせずに踏ん張っている会社も、この「値上げラッシュ」に乗り遅れまいとして次々に値上げに踏み切ることが予想されるのです。

日本はもともと物価が安い

意外かもしれませんが、日本は他の先進国に比べて、収入の割に「物価が安い国」として見られています。

例えばフランス人は「優雅なランチを食べている」イメージですが、実際は外食にかかる費用が高すぎて、ふだんは質素に自炊する家庭が多いのだそうです。

日本だと「週末は食事作りから解放されたい」と外食をしがちだが、フランスでは外食は一般的ではない。その理由のひとつは外食が高いことが挙げられる。マクドナルドのビッグマックは日本で380円だが4.2ユーロ(546円)だ。
スターバックスなどのファーストフードはもちろん、ランチでも3000円以上、ディナーだと飲み物を含めて最低でも8000円程度。食材を買って自分たちで作る分には食費は安くあがるが、外食はビックリするほど高くなる。

これまで日本の安い物価は、主に「サービス残業」に代表されるように、労働者を安く使ったり、大企業が下請け企業を買い叩くことで実現できていた側面もありました。

さん太
さん太
私も新卒で働いたブラック企業では低賃金で深夜までこき使われました……

しかし2020年前後から、「働き方改革」による労働環境の改善や、下請事業者の立場改善を受けて、こういった手段は使えなくなり、物価上昇の一因になっているのです。

世界的に人手が足りない

経済は「需要」と「供給」のバランスで成り立っています。

つまり「働き手(供給)」が少なくなると、このバランスが崩れ、人件費などが高騰し、結果的にモノの値段が高くなるのです。

現代の先進国では少子高齢化が進み、もともと労働者が減っていたところ、「コロナ」の拡大によってさらに働き手が減りました。

新興国においても、コロナの蔓延により、商品の輸出入を担う作業員や配送ドライバー不足が発生し、物流費が上昇。

その結果、原料や製品の輸入・配送にかかる中間コストがふくれ、「値上げラッシュ」につながっているのです。

Sponsored Links

今日からできる!食品・光熱費値上げの対策方法まとめ

家計ピンチさん
家計ピンチさん
来年以降も「値上げラッシュ」が続くなら、今からできる対策はなんだろう?……値上げ前に買いだめすること?
さん太
さん太
それもありますが、他にも「大きな支出」を見直すことで事前の対策ができますよ!

  1. 通信費(スマホ・Wi-Fi)を見直そう
  2. 現金はNG!クレカやQR決済をフル活用して節約
  3. 食品・日用品は「まとめ買い」と「ふるさと納税」で計画的に買おう
  4. 銀行預金では「資産が減る」時代?貯金を賢く運用しよう
  5. インフレは年収アップのチャンス!キャリアアップを目指そう

通信費(スマホ・Wi-Fi)を見直そう

スマートフォンのイメージ
リサーチ会社のMM総研が行った調査によると、2021年12月時点での携帯電話の月額利用料金平均は「4,617円」とのことです。

携帯代が1万円を超えていた昔からすると安くなったものの、年間「55,000円以上」の出費なので、見過ごせません。

さん太
さん太
私は「楽天モバイル」の新プランに乗り換えてから、スマホ代は「月額0円」です
楽天モバイルキャンペーン料金

「楽天モバイル」へ乗り換え後、利用料金は「0円」をキープ。恐るべし楽天モバイル

「楽天モバイルは」大手キャリアの中で唯一、毎月のスマホ代「0円」を実現できる携帯会社。携帯代を安くするコツについては以下の記事で解説しています。

【楽天モバイルは月額無料も狙える!】一人暮らしの携帯代を年間「55,000円安く」する5つのコツ【スマホ料金・通話料節約】
2022年スマホ乗り換えを検討している方向けに、現・楽天モバイルユーザーの私が「楽天モバイル」を選ぶ4つの理由について解説します。大手キャリア新プラン(ahamo、povo、LINEMO)との比較についてもわかりやすくご紹介!
さん太
さん太
「楽天」は、自宅の光回線も提供しているので「Wi-Fiが高い……」という人もチェックしてみる価値アリですよ!

現金はNG!クレカやQR決済をフル活用して節約

最近はあらゆる所で「PayPay使えます」といった表示を見かけるようになり、もはやなくてはならないサービスとなった「QRコード決済」。

しかし、スーパーで観察していると、東京ですら、現金で支払っている人が3〜4割はいる印象です。

さん太
さん太
ももも……モッタイナイッ!!
モニカ
モニカ
うわ!落ち着け落ち着け!

今後、物価がどんどん上がっていく日本において、少しでも節約しようと思ったら、クレジットカードやQR決済の使い分けは鉄則です。

【現金NGの理由】
・ポイント還元がない
・ATMの引き出し手数料がかかる
・財布が太る、小銭の計算が面倒
さん太
さん太
私は「楽天」ユーザーなので、スーパーや普段の買い物は「楽天Pay」、ネットの買い物は「楽天カード」を使い分けています
  • 新規入会&利用で「5,000ポイント」プレゼント実施中!
  • 【13年連続】顧客満足度No.1
  • 年会費「永年無料」で利用しやすい
  • 楽天市場のお買い物が「+2倍」ポイント還元

会費無料 ポイントがザクザク貯まる!『楽天カード』をチェック!

一人暮らしで、普段あまり買い物をしない私ですら年間数万ポイントの還元を受けられているので、買い物好きの方はよりオトクにポイントゲットできるでしょう。

楽天市場では2年連続80,000ポイント以上獲得している

食品・日用品は「まとめ買い」と「ふるさと納税」で計画的に買おう

PREMIUM PORK尾鈴豚 ハム・ソーセージ

「ふるさと納税」では地元の高級食材が返礼品としてもらえる


今年は、生活になくてはならない「食品」や「日用品」が一斉に値上げされるのがツラいところ。

しかし、「値上げ」は公表から実施までに数ヶ月の猶予がある場合が多いので、賞味期限の長い食品や、洗剤・トイレットペーパー等の日用品は事前に「まとめ買い」して備えておくこともできます。

さん太
さん太
「防災」の観点からも備蓄は大切です

私は「楽天」が運営するネットストア「楽天24」で、半年に一回、保存食や日用品などをまとめ買いしています。

「楽天24」では、まとめ買いで「最大15%」も割引きを受けられる上に、ポイント還元まであるので、楽天ユーザーなら「実質20%オフ以上」を狙えるお得なお店。

「楽天24」でのまとめ買いについては以下の記事で解説しています。

【楽天市場で買ってよかった!】楽天市場で買うべきもの&おすすめアイテム【ベストバイ2022年版 |節約家が厳選】
収入の大半を貯蓄と投資に回す節約家の私が、「楽天市場」の商品で「買ってよかった」「ずっとリピートしている」「生活必需品レベル」だと思うものだけを厳選してご紹介します。

もう一つ、「食費節約」のために活用したいのが「ふるさと納税」です。

平均的な年収の方なら、うまく活用すれば食費を15,000円も節約できるので、活用しない手はありません。

さん太
さん太
「ふるさと納税」はとっても簡単ですが「失敗しない寄付先選び」は少し目利きが必要です

ふるさと納税で「食費節約」にオススメな返礼品や、寄付金額を上げるコツは以下の記事にまとめています。

【楽天ふるさと納税】一人暮らしの食費15,000円節約!楽天ふるさと納税おすすめ返礼品ベスト10【2022年版】
一人暮らし10年以上、ふるさと納税歴5年以上の私が「一人暮らし」の食費節約におすすめな「楽天ふるさと納税」の返礼品を厳選してご紹介します。実際に5年間で「40万円以上」を寄付して実食した返礼品から、自信をもってオススメできるものを掲載しています。

銀行預金では「資産が減る」時代?貯金を賢く運用しよう

家計ピンチさん
家計ピンチさん
銀行にお金を預けるだけだと「お金が減る」って聞いたんだけど、どういうこと?残高が減っていくの……?
さん太
さん太
残高が減るわけではないのですが、物価が今後上がり続けると、相対的に資産価値は減っていくことになりますね

食品や日用品、光熱費などの物価が上がる「インフレ」が続くと、何も対策をしなければ、今持っているお金(預金)の価値は相対的に下がっていきます。

現在、もし銀行に100万円預けていたとして、1年後に物価が10%上がると、本来買えていたはずの「10万円分」の買い物ができなくなる、というイメージです。

モニカ
モニカ
じゃあ、値上げされるまえに買えるだけ「爆買い」しちゃえばいいってことか?
さん太
さん太
それだと、焦って余計なものまで買い過ぎるリスクがあるし、部屋に置けなくなる心配もあるよね

また、少子化等により国際競争力を失いつつある日本は、今後「円安(日本円の価値が下がる)」が大きくなる可能性もあります。

家計ピンチさん
家計ピンチさん
なるほど、日本円だけで銀行預金しておくのは、今後資産価値が減る可能性が高いってことなのね……

さん太
さん太
そこで発想を転換して、おすすめしたいのが「資産運用(投資)」です。

楽天証券の保有資産

楽天証券では500万円以上を運用しすでに90万以上の利益が上がっている

銀行に預けていてもお金はほとんど増えませんが、積極的に投資すれば、インフレ率を超える利益を上げることも可能。

最近は、月々数千円からコツコツ投資できる便利なサービスがたくさんあります。

当ブログでも初心者の方向けの投資入門記事を書いていますので、参考にしてみてください。

【2022年版】20代・30代の投資初心者におすすめな投資方法【100円から少額で始められる資産運用】
投資歴3年、1200万円以上を投資する私が「初心者にも自信を持っておすすめできる」投資方法と、初心者が投資先選びで注意すべきポイントについて解説します。

インフレは年収アップのチャンス!キャリアアップを目指そう

物価の上がる「インフレ」は、悪いことばかりではなく、逆に良いこともあります。

さん太
さん太
その一つが賃金(給料)の上昇です

知り合いの人事担当から聞いた話ですが、最近は、以前までの給料では応募が少なく、待遇(時給)をアップしないと働き手が集まらないということです。

つまり、働き手側から見ると、より良い条件で「転職」等キャリアアップする絶好のチャンスだということ。

家計ピンチさん
家計ピンチさん
今働いている環境に不満はないんだけど……、「転職」ってしておいたほうが良いものなの?

さん太
さん太
大丈夫。今の職場に不満がなければ、無理にする必要はありませんよ

転職すべきかどうかは、貯金の有無と、現在の職場に不満があるかどうかで判断できます。

①まとまった金額の貯金がある&職場に不満はない → 資産運用(投資)がおすすめ
②貯金がある&職場に不満がある → 転職を検討しつつ資産運用(投資)がおすすめ
③ほとんど貯金がない&職場に不満がある → 転職でキャリアアップを目指すのがおすすめ
さん太
さん太
私の場合、新卒で勤めた会社に不満があったので転職し、今は資産ができたので「①投資」で資産を増やしています

転職・昇格でキャリアアップを目指すなら「勉強」は欠かせません。大人になってからの勉強法については以下の記事で詳しく解説しています。

【ビジネス本読み放題】本の要約「flier(フライヤー)」効率の良い勉強法を解説【人生を変えた本ランキングも紹介】
独学・勉強したいけど、「忙しくて本がなかなか読めない」という方向けに「ビジネス本読み放題」の要約サービス「flier(フライヤー)」を使った効率の良い勉強法を解説。「私の人生を変えた」おすすめの本もランキング形式でご紹介します。
Sponsored Links

【まとめ】理由と対策を知れば「値上げ」は怖くない!

以上、食費や光熱費が値上がり、値上げラッシュの理由・対策方法について解説しました。

【本記事のまとめ】
・今後も原材料や人件費高騰を背景に「値上げ」は続く可能性が高い
・スマホなどの固定費を見直したり、ふるさと納税を活用することで賢く節約は可能
・インフレはキャリアアップのチャンス!「自分磨き」で稼ぐ力を身につけよう

ニュースで「値上げ」と聞くと、家計を直撃するネガティブなイメージを持ってしまいます。

しかし、理由を深堀りすると、地球環境や労働者が働く環境の改善によるポジティブなものもあります。

さん太
さん太
理由と対策方法を事前に知っておけば、今から取るべき行動も見えてきますね!
タイトルとURLをコピーしました