【投資初心者にもおすすめ】おまかせ自動でできるビットコイン投資 「QUOREA(クオレア)」攻略まとめ記事はこちら

【一人暮らしの外食費節約】安くて美味しい「外食チェーン」ベスト6【おすすめメニューも紹介】

【一人暮らしの外食費節約】安くて美味しい「外食チェーン」ベスト【おすすめメニューも紹介】 がんばらない健康管理

ども。さん太(@PonkotsuSanta)です。

さん太
さん太
独身一人暮らしで毎月の食費は2万円前後。平均よりかなり食費節約できています

食費を安く抑えるために、普段はもちろん自炊していますが、たまのご褒美に外食することもあります。

そんな時によく活用するのが、今回ご紹介する「安いのに本当に旨い外食チェーン店」

これらのチェーン店を活用することで、月4〜5回外食しても、食費を2万円程度に抑えることは十分に可能です。

【本記事はこんな方に役立ちます】
・外食しつつも食費はなるべく少なく削りたい
・安くてコスパの良い外食チェーン店を探している
・一人ご飯にぴったりな安くて旨い外食先を探している

一人暮らしの食費を劇的に節約するための裏ワザはこちらの記事で解説しています。

【一人暮らし食費節約】自炊の食費を年49万円安くする6つの裏ワザ【料理が苦手でもOK】
私が一人暮らしで実践している食費節約テクで、特に効果の高かった6つを厳選してご紹介。フル活用することで年間49万円以上も食費を減らすことができます。
Sponsored Links
ビットコイン自動売買「QUOREA(クオレア)」無料登録バナー

一人暮らしご飯の自炊はめんどくさい!外食を上手に活用しよう

一人暮らしご飯の自炊はめんどくさい!外食を上手に活用しよう

一人暮らしで最もめんどくさいのが「自炊」。

栄養バランスを考えて、メニューを決めて、食材を買って、毎日料理する……考えただけでもめんどくさいです。

しかし自炊しないと食費がかさみ、いつまでたっても貯金できないのも事実…。

「自炊」に比べて「外食」だと一人暮らしの食費はどの程度高くなる?

では、実際に一日2食(昼食・夕食)をすべて①自炊した場合と、②コンビニやスーパーのお惣菜や弁当(中食)で済ませる場合、③外食した場合の3パターンで1ヶ月の食費がどの程度違うか見てみましょう。

【①自炊】
1ヶ月の食費
・昼食200円×30日=6,000円
・夕食300円×30日=9,000円
1ヶ月の食費:15,000円

すべて自炊した場合の食費は約1万5千円。

昼食は作ったおかずの残りを詰めてお弁当として持っていきます。

一番安上がりですが、一人暮らしで毎日自炊を続けるのはモチベーションを保つのが難しく、マンネリを防ぐ工夫が必要です。

一人暮らしの食費「1万5千円」にチャレンジ!1ヶ月の食費はどこまで節約できるか検証【サラリーマン・学生向け】
一人暮らしサラリーマンが食費「月1万5千円(1日500円)」にチャレンジ!1ヶ月の食費はどこまで節約できるのか検証します。
【②コンビニ・スーパー】
1ヶ月の食費
・昼食600円×30日=18,000円
・夕食600円×30日=18,000円
1ヶ月の食費:36,000円

コンビニやスーパーでお弁当やお惣菜を買って済ませる方法です。

すべて外食するよりも少し安上がりですが、基本的にコンビニは「定価」販売なので、そこまで節約効果は見込めません。

また、弁当やお惣菜の容器、パック類のごみが溜まりやすいのもデメリット。

一人暮らしのゴミの分類、ゴミ出しはかなりめんどくさいので、あまりオススメできないパターンです。

【③外食】
1ヶ月の食費
・昼食800円×30日=24,000円
・夕食800円×30日=24,000円
1ヶ月の食費:48,000円

お金はかかるものの、最も手軽なのがすべて外食ですませるパターンです。

洗い物もゴミも自分では片付けなくていいので、自由時間が増えるのもメリット。

しかし、予算800円で栄養バランスが取れた外食メニューにありつくのはかなり難しく、健康面を考えるとリスクがあります。

また、食費が約5万円もかかると、手取り月収20万円・首都圏暮らしであれば、「食費+家賃+光熱費」でほぼお給料がなくなる計算に。

よほど月収が高い方でないと「毎日外食」は難しそうです。

さん太
さん太
そこでおすすめなのが「週末だけ外食」パターンです
【④自炊+外食】
1ヶ月の食費
・昼食(自炊)200円×20日=4,000円
・夕食(自炊)300円×20日=6,000円
・昼食(外食)800円×10日=8,000円
・夕食(外食)800円×10日=8,000円
1ヶ月の食費:26,000円

週末や何かを頑張ったご褒美として「月20回」だけ外食するパターンです。

毎日外食したパターンに比べてほぼ半額の食費ですみ、生活の満足度も高くなります。

毎食自炊するのは料理のレパートリーもそれなりにないと難しく、準備や片付けに手間のかかる揚げ物などは食べられません。

しかし、「自炊+外食」というハイブリッドな組み合わせによって、「手間のかかる料理は外食で食べる」という選択が可能になります。

外食チェーンを安くお得に利用する6つのポイント

全国の飲食店数は60万店以上と言われていますが、外食を「予算800円」ですませるとなると、候補となる店舗はかなり限られます。

モニカ
モニカ
毎日牛丼ってのも味気ないしな……

そこで、予算内で外食チェーンを安くお得に活用するためのポイントをご紹介します。

麺類・パンもの・デザートは避ける

麺類やピザなど「炭水化物」中心のメニューは安くて美味しいですが、糖質は消化が早いため腹持ちが悪く、すぐお腹が空いてしまいます。

また、砂糖を多く含む甘いデザートも血糖値を乱高下させてしまうので「腹減り」の原因に。

外食では肉・魚・卵など「たんぱく質」を多く含むメニューを中心に注文すると、コスパよく食事ができます。

【外食で糖質を避けるコツ】
・イタリア料理店には行かない
・そば・うどん・ラーメン店には行かない
・焼き肉屋ではご飯は注文しない

原価率の高いメニューを注文する

外食で少しでもお得に食事をするために意識したいのが「原価率」です。

「原価率」が高いほど、お店にとって利益は少ないですが、そのぶん私たち客側にとってはお得に食事ができます。

もちろん「原価率」は企業秘密なので、どこにも書いてないのですが、だいたいはその店の「看板メニュー」であることが多いです。

「看板メニュー」は、お客を呼び込み競合店と勝負するための商品。

そのためどの店も原価率が高くなります。

例えばハンバーガー店なら、ハンバーガーが「看板メニュー」となり、マグロの美味しい寿司屋ならマグロ握りが「看板メニュー」となります。

そのため、ハンバーガー店で同じ800円のランチを食べる場合でも、ポテトドリンクのセットメニューではなく、「ハンバーガーを2つ」注文したほうが、原価率的にはお得になります。

【外食で原価率の高いメニューを注文するコツ】
・サイドメニューやセット商品は注文しない
・トッピング類は注文しない
・スープ・ドリンク類は注文しない

公式アプリを使う

全国に展開する外食チェーン店は、たいていお店の公式アプリを用意しています。

アプリをインストールしておくと、お得なキャンペーンの情報を入手できるので計画的に外食を利用できます。

また、アプリ会員限定のクーポンが使えるチェーン店なら、お店によっては1回で数百円の節約も可能。

100円の割引でも、100回利用すれば「塵も積もれば」で、1万円の食費節約になります。

Yahoo!のクーポンを使う

日高屋好きな女性
日高屋好きな女性
中華食堂の「日高屋」さんが好きだけど、公式アプリがないみたい。クーポンはないのかな?

関東圏での支持が高い「日高屋」のように、公式アプリを用意していない外食チェーンでは「クーポン発行はない」と思われがちです。

しかし実はスマホ版「Yahoo!」アプリの「クーポン」ページからクーポンの配信されているチェーン店もあります。
Yahoo!クーポン画面

「Yahoo!」アプリは、複数のチェーン店のクーポンを一度にチェックできるので、ふだんYahoo!を使わない方も入れておくと便利です。

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

QRコード決済で支払う

日焼けしたイケメン
日焼けしたイケメン
男なら黙って現金払いだぜ!

外食チェーンがお得な理由は、クーポンの他に「QRコード決済」が使えることです。

支払いを現金ではなく「QRコード決済」にすることでキャッシュバックやポイント還元を受けることができます。

さん太
さん太
私は「PayPayペイペイ」と「楽天ペイ」を使い分けています

「楽天ペイ」は使えるお店は少ないものの、還元率が最大1.5%と高いので、こちらをメインで使っています。

GoToEat食事券を使う

Gotoeat食事券Tokyo

お得なGoToEat食事券だが、東京はしばらく使用自粛のため出番待ちの状態…

飲食店での消費活性化を目的としたプレミアム付き食事券GoToEatゴートゥーイート食事券」が全国の都道府県で発行されています。

例えば東京版なら、10,000円の支払いで2,500円分が上乗せされ「25%もお得」な食事券になっています。

残念ながらお釣りが出ないので額面以上の飲食をする必要がありますが、それでもかなりお得な印象。

GoToEatゴートゥーイート食事券」が使える対象店舗はチェーン店が中心なので、本記事でご紹介する店舗では、ほとんどの場合で使用できるはずです。

さん太
さん太
私も発売直後に買いましたが、東京は12/17まで使用自粛のためしばらく出番待ちの状態です。
早く販売・使用が再開されるのを待つばかり……
Sponsored Links
ビットコイン自動売買「QUOREA(クオレア)」無料登録バナー

【予算500円〜】安くて美味しい「コスパ最強」の外食チェーン「ベスト6」&おすすめメニュー

カルボナーラ

「SNS映え」する料理はたいていコスパが悪い……

外食チェーンのイメージは一般的に「安い・早い・味はそこそこ」。

しかし中には、企業努力の結果、値段以上の美味しい料理を提供しているチェーンもあります。

首都圏、地方都市、郊外のすべてに住んだ経験のある私が、数ある外食チェーンを食べ比べた結果、「コスパ最強」のお店を厳選してご紹介します。

【厳選基準】
・ちゃんと美味しい(最重要)
・800円以下でお腹いっぱいになる
・アプリクーポンが使える
・首都圏・主要都市に店舗がある
地方の特定地域だけに出店する「ご当地チェーン」にも美味しいお店はあります。(静岡の「さわやかハンバーグ」など)
しかし他県の人は通えないため、今回は除外しています。

【ハンバーガー】バーガーキング

バーガーキングのセットメニュー

クーポンを使えば、トレーいっぱいに注文しても1,000円かからない驚異のコスパ

【予算】500〜800円
【店舗】東京・大阪・名古屋・全国地方都市
【ウマさ】★★★☆☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】公式アプリ内にクーポンあり

「バーガーキング」は直火焼き100%ビーフパティと、他のハンバーガーチェーン店よりも一回り大きなビッグサイズが売りのハンバーガーショップです。

日本では出店数が少なく、なじみが薄いですが、世界では店舗数第2位の大手チェーン。

今まではマクドナルドに比べ「ちょっと高い」イメージでしたが、2020年2月よりセットメニュー「キングバリュー」をリリース、お得感が増しました。

「コスパ最強」の謳い文句に恥じない大ボリュームで、500円からセットメニューを楽しめます。

とにかくバーガーのサイズが大きく、ビーフパティも肉厚。しかも「炭火焼き」なので、パティがしっかり主張しているのが「バーキン」の特徴です。

モニカ
モニカ
マクドナルドの「ビックマック」じゃなんか物足りないんだよなぁ……

……という方(猫)も大満足の食べごたえでお腹いっぱいバーガーを頬張れます。

さらにバーガー好きをうならせるのが、トッピングの無料増量サービス

バーガーの注文時に「オールヘビーお願いします」と伝えるだけで、はさんである野菜やソースが増量され、さらに濃厚な味わいになります。

セール中の商品など一部対象外もあるようですが、ボリューム感や濃い味付けを好む方にはぜひ「オールヘビー」を味わっていただきたいです。

ただでさえお得な「バーガーキング」ですが、専用アプリをインストールするとクーポンが使えるように。
クーポンの割引額はマクドナルドよりも大きくお得なので、ぜひ活用したいところです。
さん太
さん太
特に、ポテトとドリンクが無料になる「フリーセット」クーポンは衝撃です!
バーガーキング Burger King

バーガーキング Burger King

Burger King Japan無料posted withアプリーチ

私は現在、ハンバーガー大手チェーンがひしめくエリアに住んでいるのですが、お得が満載すぎて、ほぼ「バーキン」しか行っていません。

【バーガーチェーン来店回数】
バーガーキング:25回
マクドナルド:1回
フレッシュネスバーガー:3回
ウエンディーズ・ファーストキッチン:1回
ロッテリア:0回
モスバーガー:0回

【これだけは食べたい!】バーガーキングの「おすすめメニュー」

バーキンの定番は「ワッパー」と呼ばれるビッグサイズのハンバーガーです。

チーズ好きなら「ワッパーチーズ」「クアトロチーズワッパー」がおすすめ。

個人的に最も美味しかったメニューは期間限定の「チーズアグリービーフバーガー」で、チーズバンズ、ソース、パティの組み合わせが絶妙でした。

バーキンは全体的に味が濃いので、ドリンクは「ブラックコーヒー」を選ぶと相性がいいです。

【中華】日高屋

【予算】400円〜800円
【店舗】関東エリア
【ウマさ】★★★☆☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】Yahoo!アプリ内にクーポンあり

関東エリアに出店し、コアなファンを持つ「日高屋」。

首都圏での一人暮らし経験者におすすめの外食チェーンを聞くと、声を揃えて「日高屋」の名前があがる人気チェーンです。

本格的な中華料理店というよりは、中華そば、餃子ぎょうざ炒飯チャーハンを中心にした定食屋といった感じ。

看板メニューはどれも破格ですが、安定した美味しさを誇るので、ふと食べたくなって何度でも足を運びたくなるお店です。

また「熱烈中華食堂」というキャッチコピーの通り、どのメニューを頼んでも提供温度が高く、できたてアツアツが運ばれてくるのもポイント。

さん太
さん太
寒い冬場にはこのアツアツの料理が染みわたります……!

「日高屋」は公式アプリが無いものの、「Yahoo!」アプリのクーポンページでクーポンをゲットできます。

【これだけは食べたい!】日高屋の「おすすめメニュー」

日高屋の冬の名物「モツ野菜ラーメン」

日高屋の冬の名物「モツ野菜ラーメン」は寒い冬にぴったりな旨辛メニュー


初来訪なら、中華そば、餃子ぎょうざ炒飯チャーハンが一度に食べられるセットメニューがおすすめ。

食が細くて食べきれる自信が無い方は、ハーフサイズメニューも充実しています。

また、冬季限定ですが「モツ野菜ラーメン」も熱烈なファンがいる人気メニュー。

一方、サイドメニューの唐揚げは、揚げたてではあるものの「ザ・冷凍食品」といった感じ。肉の旨味が少なく衣も厚めでおすすめしません。

モニカ
モニカ
唐揚げはやっぱ「から揚げの天才」がウマいよな!

【とんかつ】かつや

【予算】500円〜1,000円
【店舗】全国地方都市
【ウマさ】★★★☆☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】なし

チェーン店でも定食メニューで1,000〜1,500円はする「とんかつ」。

そのためちょっとした「贅沢ごはん」のイメージがありますが、とんかつ専門店「かつや」では、カツ丼や定食を500円台から提供しています。

かつやのとんかつはしっかり肉厚のロース肉に、ざっくり食感の衣が合わさってとてもボリューミー。

衣の食感がとにかく良いので、カツ丼ではなく「定食」メニューがおすすめです。

さん太
さん太
揚げたてアッツアツが運ばれてくるので、火傷しないように注意です!

肉質は、さすがに高級とんかつ店には敵わないものの、しっかり美味しいとんかつが食べられるお店です。

【これだけは食べたい!】かつやの「おすすめメニュー」

カツ丼、カツカレー、ロースカツ定食あたりが基本ですが、サイドメニューも美味しく、「とん汁」はぜひセットで付けたいところ。

「鶏の唐揚げ」もジューシー&ザクザク食感でとても美味しく、大ぶりながらリーズナブルなお値段。

さん太
さん太
カラアゲニスト(自称)の私も大満足!

……だったのですが、しばらく行かないうちにメニューから消えていました。復活を期待しています。

【回転寿司】スシロー

【予算】800円〜1,500円
【店舗】全国地方都市
【ウマさ】★★★★☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】なし

もはや説明不要というくらい全国的に浸透している「スシロー」。

100円回転寿司は「安いけどネタが小さくて味もそこそこ」のイメージでしたが、スシローに出会ってから、そのイメージが覆されました。

以前、地方に住んでいたときは、大手回転寿司と地場の寿司チェーン店がひしめくエリアにいたのですが、ほぼスシローにしか行っていません。

【回転寿司チェーン来店回数】
スシロー:30回以上
くら寿司:3回
はま寿司:1回
かっぱ寿司:1回
地場チェーン店:3回

【これだけは食べたい!】スシローの「おすすめメニュー」

基本的にどれを注文してもお値段以上のスシローですが、私は必ず「えんがわ」をオーダーします。

魚は「旬」のものを頂くのが一番なので、その時期の一押しメニューやスシローオリジナル商品「匠の一皿」シリーズがおすすめです。

【カレー】日乃屋カレー

日乃屋カレー

【予算】800円〜1,000円
【店舗】全国地方都市
【ウマさ】★★★★☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】なし

「神田カレーグランプリ優勝」を掲げるカレーチェーン店です。

ルーはいわゆる王道の「日本のカレー」系ながら、色々な具材が溶け込んだ奥深い味わいと豊富なトッピングが魅力。

一人暮らしでは凝った味わいのカレーを作るのは手間も材料費もかかり、後片付けも面倒なので、カレーが食べたくなったら行くようにしています。

さん太
さん太
関東中心の出店で、地方ではまだ店舗のない県が多いのが残念……

【これだけは食べたい!】日乃屋カレーの「おすすめメニュー」

まずは一番人気の「名物カツカレー」を注文してみてください。

トッピングのバリエーションが多いので、ガッツリ食べられる方なら、自由にオーダーして自分好みのカレーを作れます。

【唐揚げ】から揚げの天才

から揚げの天才の定食

【予算】500円〜700円
【店舗】関東、近畿エリア
【ウマさ】★★★☆☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】なし

関東を中心に展開する「唐揚げ×卵焼き」という変わった組み合わせが楽しめる、からあげ専門店です。

からあげ専門店は屋台方式のテイクアウト専用店が多い中、イートインスペースを用意し、店内でも飲食できるのが特徴。

一口では食べ切れないおおぶりな唐揚げが、1個99円(税別)という衝撃のコスパのため、チェーン店ながら、ランチや夕方に行くと必ず行列ができているお店です。

定食や丼ものメニューもお得で、上記写真の「唐揚げ4種盛り定食」でも700円程度。ご飯も大盛り無料です。

写真のとおり、器やトレーも高級感があるので、安いのに「ファーストフード感」がないのも好印象。

丁寧に作っているため、揚げ上がりに少し時間はかかりますが、揚げたてアツアツ、気をつけないと口の中を火傷しそうな唐揚げをお腹いっぱい食べられます。

さん太
さん太
まだ関東を中心に大都市圏にしかないのが残念なチェーンです……。

【これだけは食べたい!】から揚げの天才の「おすすめメニュー」

4つの味が楽しめる唐揚げ4種盛り定食

4つの味が楽しめる唐揚げ4種盛り定食


「から揚げの天才」はメニューをかなり絞り込んでいるので、選択肢はほぼ「唐揚げ」と「卵焼き」しかありません。

唐揚げは「白(出汁塩)」「黒(醤油)」「赤(辛味噌)」の3種類と、期間限定の味が用意されています。

なので、まずは唐揚げ3〜4種盛り定食をオーダーするのがおすすめ。

卵焼きはかなり甘めなので好き嫌いが分かれると思います。

Sponsored Links
ビットコイン自動売買「QUOREA(クオレア)」無料登録バナー

【予算1,000円〜】でも大満足!な外食チェーン

今回の趣旨である「予算800円以内」というボーダーラインからは外れてしまうものの、「予算1,000円」まで出せればお腹いっぱい食べられて美味しいチェーン店はまだまだあります。

【イタリアン】サイゼリア

サイゼリアのメニュー例

サイゼはこれだけのメニューを頼んでも1,000円ちょっとという神コスパ

【予算】1,000円〜1,500円
【店舗】全国
【ウマさ】★★★★☆
【満足度】★★★★☆
【クーポン】なし

「ファミレス=家族向けで味はそこそこ」というイメージをいい意味で覆してくれる「キング・オブ・ファミレス」、それが「サイゼ」

パスタ、ドリア、ピザなど、看板メニューが炭水化物メインのため、一人暮らし男性がお腹いっぱい食べようと思うとどうしても1,000円は超えてしまうのですが、味はお墨付き。

上の写真のように定番の「辛味チキン」「イタリア風モツ煮込み」「バゲット」、人気デザートの「ティラミスクラシコ」までフルセットで頼んでも「1,150円」。

しかもファミレスらしくメニューが豊富で「今日は何を食べようかな?」と選ぶ楽しみもあり、飲み放題のドリンクバーも含めると総合的な満足度はかなり高めです。

サイゼリアの注文方式が筆記式に変わっていた

コロナ対策のためサイゼリアの注文方式は筆記式に変わっている

また先日訪問した店舗では、コロナ対策のため、当面の間、オーダーは紙に書いて注文する筆記式に変わっていました。

これなら、料理の番号を書いて渡すだけなので、短くスマートにオーダーできます。

こうした気配りもサイゼが人気チェーンであり続ける秘訣なのかな、と感じた次第です。

Sponsored Links
ビットコイン自動売買「QUOREA(クオレア)」無料登録バナー

【まとめ】外食しつつ節約!外食チェーン店を有効活用して「食」の満足度を上げよう

以上、安くて美味しい「外食チェーン」ベスト6と、おすすめメニューをご紹介しました。

【本記事のまとめ】
・一人暮らしでご飯を作るのはめんどくさい!外食を有効活用しよう
・自炊+外食を組み合わせると楽しみながら食費を節約できる
・外食するときは「看板メニュー」を注文する

「一人暮らしの食費を節約しようと自炊を始めたものの、続かない……」

そんな悩みは一人暮らしをしたことがある方なら誰でもあると思います。

さん太
さん太
一人暮らし歴10年以上の私も、いまだにご飯作りは「めんどくさい」です……

私は現在「1ヶ月の食費15,000円チャレンジ」という企画をやっているので、今はほとんど外食をしないのですが、はっきり言って苦行以外の何者でもありません…。

一人暮らしの食費「1万5千円」にチャレンジ!1ヶ月の食費はどこまで節約できるか検証【サラリーマン・学生向け】
一人暮らしサラリーマンが食費「月1万5千円(1日500円)」にチャレンジ!1ヶ月の食費はどこまで節約できるのか検証します。

外食せずに月1万5千円の食費ですませようとなると、毎日がだいたいこんな感じのルーティンになります。

【朝食】プロテイン+ビタミンサプリ
【昼食】弁当持参
【夕食】豆腐やナッツのみ
さん太
さん太
飲食店のひしめく東京で「外食なし」を貫くのはかなりキツイです…!

「食」も人生の楽しみのひとつ。

なので、あまりケチケチしすぎず、「毎週末は外食OK!」くらいのゆるい節約がベストバランスだと思います。

タイトルとURLをコピーしました