【投資初心者におすすめ】24時間365日自動でビットコイン投資 「QUOREA(クオレア)」攻略まとめ記事はこちら

人生は「クソゲー」だが「無理ゲーではない」7つの理由

人生は「クソゲー」だが「無理ゲーではない」7つの理由 うつ病攻略・メンタルヘルス
Sponsored Links

ども。さん太(@PonkotsuSanta)です。

私の「うつ病」をきっかけに、治療の一環として始めた本ブログも、スローペースの更新ながら、本記事で「100記事目」となります。

100記事目のテーマは実は最初から決めていて、最初の記事「果たして、人生はクソゲーなのか?」に対する「アンサー」を書くつもりでした。

404 NOT FOUND | ソロジン〜一人暮らし・お一人様でも「ゆるく幸せに生きる」ための情報マガジン〜
一人暮らしの節約・貯蓄・ふるさと納税・投資ノウハウ(株式・FX・仮想通貨|ビットコイン)を中心に「お一人様」でも「ゆるく幸せに生きる」ための情報を発信するウェブマガジン。20大半ばで「無一文」だった普通のサラリーマンが30代でのセミリアイア(FIRE)を目指して資産3,000万円を築けるか検証します。

当時は「うつ病」のどん底期(1日中ベッドから起き上がれないレベル)から少し回復した頃でしたが、頑なに「人生はクソゲーだ」と信じていて、上記はそんな時に書いたエントリーです。

モニカ
モニカ
あの頃は大変だったよなぁ…
さん太
さん太
それから2年、「うつ病」から抜け出した今、考えていることを残しておきたいと思います

【こんな方に読んでほしい記事です】
・人生は「クソゲー」だと思っている
・人生が面白くない、楽しくない…
・「うつ病」や精神障害で悩んでいてつらい…
Sponsored Links

はたして、「人生」は「クソゲー」なのか?


本ブログの正式名称は『ポンコツさん太の「そろそろ本気で史上最高のクソゲー『人生』を攻略しようじゃないか』といいます。

しかしブログ名が長すぎて噛まずに言えないため、やむなく、略して「ソロジン」と呼んでいます。

最初は「はてなブログ」で細々と更新していました。

さん太
さん太
体調も良くなかったので、1000文字くらいの記事を1ヶ月に2〜3記事書くのがやっとのレベルです。

モニカ
モニカ
(遅っ…!)

今はコメント機能をオフにしていますが、「はてなブログ」時代はコメント機能をつけていたので、コメントを残してくださる読者さんがちらほらいました。

当時は「人生はクソゲー」をテーマに記事を書いていたので、コメント内容も「悩んでいる」感じのものが多く寄せられていました。

要約するとこんな感じです。

・生まれつきのパラメータで「人生の難易度」が天と地ほど違うの何とかならないの…?
・イケメン(美人)ばかりが得をしてブサイクは損ばかり。結婚も子孫を残すことも難しい…
・幸福より不幸の方が圧倒的に多くてつらい…
・クソゲーですら「リトライ」して再チャレンジができるのに人生はそれすらできない…
・これだけクソゲーなんだから人生をマジメに生きる意味なんてあるの…?
さん太
さん太
それ、めっちゃわかります。

今回は、これらの「お悩み」「疑問」について、今の私なりのアンサーを書こうと思います。

私自身、うつ病から回復した今でも、やっぱり「人生はクソゲー」だと思っていますが、楽しみ方次第では「無理ゲーではない」と考えるようになりました。

Sponsored Links

人生は「クソゲー」だが「無理ゲーではない」7つの理由


人生が「クソゲー」な理由を要約すると以下のようになります。

①お金持ち、頭の賢い人、イケメン(美人)が圧倒的に有利
②ポジティブな人、人付き合いが上手な人、スポーツの得意な人も圧倒的に有利
③【①】と【②】の要素が何もないと大人になってから「詰む」
④【①】と【②】の大半は、親から遺伝で受け継いだり幼少期の環境で決まる
 ※自分の努力のおよばない範囲・期間に能力値の大半が決定してしまう

一般的に、ゲームでは「公平性」が重視されます。

どんなゲームでもスポーツでも、スタート時の条件、有利・不利は、どの人・チームでもほぼ同じに設定されているはずです。

例えば人気のすごろくゲーム「桃太郎電鉄」も、サイコロを振って進みますが、最初はプレイヤーみんな同じスタート地点からの出発です。
桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番プレイ画面

ですが、人生という「ゲーム」は、難易度がほぼ「生まれつき」で決定してしまうのです。これはどう考えても「クソゲー」でしょう。

しかし、だからと言って「クソゲー=無理ゲー」なんだと考えてしまうのは少し早計です。

考え方次第によっては、「今の時代に生まれたからこそ」幸運なこと、チャレンジできることはたくさんあります。

  1. それでも日本は恵まれている
  2. 一文無しになっても再チャレンジできる
  3. 学歴でキャリアが決まらない時代になった
  4. インターネットにより情報格差が縮まってきている
  5. 「美貌格差」は今後は少し「マシ」になる(かも)
  6. 誰でも少額から「投資」を始められるようになった
  7. 世界規模の戦争がない

それでも日本は恵まれている

このブログをご覧になっている方は日本の方が多いと思います。

日本も近年は格差社会化が叫ばれていますが、まだまだ豊かで恵まれた国です。

例えば、日本が恵まれている理由は少し思いつくだけでこれだけあります。

・食べ物が美味しい
・衛生面・医療面のレベルが高い
・治安が良く、落とした財布が戻ってくる(経験済)
・上下水道が整い水道の水を直に飲める
・「おもてなし」のサービスが充実している
・公共交通機関がほぼ定刻通りのダイヤで運行している
・徒歩圏内に夜間でも営業するコンビニがある
・自国の言語で高等教育を受けられる
・失業保険など社会保障が整っている
・医療費の窓口負担が安い
・選り好みしなければ仕事がある
・食べ物が美味しい(大事) …など

私は20代半ばにうつ病がきっかけで退職しましたが、失業保険や心療内科への受診など、社会インフラにかなりお世話になりました。

【鬱(うつ)病攻略】うつトンネルを抜け出すロードマップ
私は、30歳を超えて、ようやく長い長い「うつトンネル」から抜け出しました。現在もうつで悩んでいる方、その周囲で支えている方に向けて、これまでに実践して効果があった方法の全てをまとめます。

つまり、考え方によっては、日本に生まれただけで「当たりクジ」を引いたといっても過言ではないのです。

一文無しになっても再チャレンジできる

人生を子供の頃にさかのぼってやり直すことはできませんが、その気になれば新たな人生をやり直すことはいつからでもできます。

働き方についても、終身雇用・年功序列の雇用システムが崩れたことで、昔より転職・再就職しやすく、若手でも実力を発揮すれば昇進・高給を得られやすくなってきています。

さん太
さん太
私は、20代半ばにうつ病がきっかけで退職、その後貯金が尽きて「一文無し」になりましたが、数年かけて復活できました

26歳で「無一文+借金」のどん底状態から這い上がるために行ったことについては別記事で詳しく解説しています。

【32歳で貯金1,000万円】うつ病&無一文のどん底から逆転までに「やったこと」まとめ
26歳で「うつ病」「無一文」のどん底人生からコツコツ努力し「32歳で貯金1,000万円」の逆転に成功した方法をまとめました。

学歴でキャリアが決まらない時代になった

プロフィールに書いている通り、私は専門学校卒で、有力な国家資格などはもっていないので、学力的には高卒レベル。学歴だけでいえば、現在の職場では最底辺となります。

しかし、仕事をする上で、仕事相手が「どの大学卒か?」なんてふだん気にしないですし、今まで専門卒で困ったことはほとんどありません。

さん太
さん太
初任給が大卒社員に比べて少し少なかったことくらいでしょうか…?

もちろん「東大」など偏差値上位クラスだとブランド価値が活かせるのだと思いますが、学歴は昔ほど重視されない時代になったと言えます。

逆に言えば、社会人になってからの勉強やスキルアップが大事ということ。

メインスキル×サブスキルを磨く「スキルの伸ばし方」についてはこちらが参考になります。

【凡人でも勝ち残る】3つの強みの掛け算でスキルアップする方法
自分の市場価値を高めるために、よく「強み」「スキル 」を掛け合わせる重要性が言われます。しかしただ闇雲にスキルを足すだけでは非効率です。最適解は「3つ」の属性をずらしたスキルを掛け算することです。

インターネットにより情報格差が縮まってきている

私は地方の出身で、学校も就職でも県外に出たことがないので、出張や旅行で都会に行くと完全に「おのぼりさん」状態でした。

しかし現在は田舎に住んでいてもスマホで世界中のニュースや新しい情報、トレンドにアクセスでき、新商品もネット通販で発売日に届きます。

つまり、「都会で生活するメリット」は薄らいできていると言えるでしょう。

逆に、家賃や物価の低い地方で暮らしつつ、「本業+副業+投資」と収入の柱を増やすことで、都会で働く人並みの収入を得ることも可能な時代になっています。

ただし、一方でいわゆる「うまい話」もたくさん横行していますので、事前に知識をたくわえて見極められるようになっておくことが大切です。

もう「うまい話」には騙されない!怪しいビジネス・副業詐欺・商材を見抜く7つのポイントと対処法
怪しいビジネス・副業・投資話によくある特徴から「うまい話」を見抜くポイントと「だまされない人になる」対処法をご紹介します。

「美貌格差」は今後は少し「マシ」になる(かも)

「格差社会」と言われて久しい世の中ですが、最もどうしようもない格差が美貌ルックス格差」です。

学歴や雇用形態、収入面の格差は、後からいくらでも巻き返せるのでまだ良いのですが、生まれつきの「顔面偏差値」だけはどうしようもありません。

イケメン(美人)に生まれれば「一定レベルの成功」は約束されたも同然。

美貌ルックス格差」の大きさは、美形の人とそうでない人の生涯年収を調査した研究で判明しています。

生涯年収はこんなに違う!「見た目」が生み出す格差社会
「格差」とは、学歴や雇用形態、収入だけではありません。本当に恐ろしい「真の格差」とは、「顔面偏差値」による格差です。

ただし、高学歴社会で人々のIQ・EQが高くなると、一時の恋愛ならまだしも、結婚相手は「中身のある人を選びたい」という人が今後は増えるだろうと予想します。

すると「人間的な素晴らしさ」「論理的思考力」「稼ぐ力」「資産の管理運用能力」など実質的な価値が重視され、相対的に「美形の価値」は低くなりそうです。

私も運悪く「顔面偏差値は底辺レベル」に生まれてしまいましたが、きちんと「戦略」を立てて生きていけば、ブサイクに生まれても人生は楽しめることに気がつきました。

ブサイクに生まれても諦めない!人生逆転する7つの戦略
ブサイクに生まれてしまった私たちは、イケメン(美人)と正攻法で勝負してもまず勝てません。人生をサバイバルするためには別の「戦略」が必要です。
さん太
さん太
一方でYoutuberや17 Liveイチナナ等、個人でタレント活動するにあたっては「ルックスの良さ」は最大の武器になるので、やっぱり「美形は強し」は永久に変わらないのかもしれません…

誰でも少額から「投資」を始められるようになった

人生をもっと豊かにするには、「働く」「消費する」に加えて、「未来に投資する」視点が欠かせません。

投資は、2000年代まではまだまだ一般のサラリーマンにはハードルが高く、手を出しづらい環境でした。

しかし現在は、世界中の株式や債権に「誰でも」「手数料無料」「100円」から投資できる時代です。こんな良条件が整っているのは人類史上で例がありません。

さん太
さん太
この点だけを見ても、「今の時代に生まれてよかった」と言えます

私が年間100万円以上の利益を上げている「がんばらない投資術」の全手法はこちらで紹介しています。

【分散投資で年間利益100万円】放置プレイで着実に資産を積み上げる方法&考え方まとめ【がんばらない投資術】
私が実践する『がんばらない投資術』の考え方や手法を惜しみなく公開したまとめ記事です。

特に最近成果を上げているのが、仮想通貨「Bitcoinビットコイン」の自動売買サービス、QUOREAクオレア

QUOREA(クオレア)2021年1月17日時点の運用実績

QUOREA(クオレア)2021年1月17日時点の運用実績

1ヶ月で約30万円の利益を上げるなど好調で、攻略記事も書いていますので、興味のある方はご覧になってください。

【クオレア|QUOREA BTC攻略】ビットコイン自動売買の600万円運用実績【評判・手数料・退会方法】
ビットコイン(BITCOIN)自動売買「QUOREA(クオレア)BTC」で600万円以上の運用実績を元にした攻略まとめ記事です。QUOREAの評判・メリット・デメリット・退会方法についても解説します。
さん太
さん太
ビットコインは今後もまだ伸び代があると感じており、これからも投資を続けていきます!

(今のところは)世界規模の戦争がない

新型コロナの拡大で、2020年の東京オリンピックが史上初の延期となりましたが、実はオリンピックが「中止」となった事例は過去に5回あります。

それはいずれも世界規模の戦争が原因でした。

人類の歴史は「争い」の歴史でもあります。人間が有史以降どれだけ戦いを繰り広げてきたかがわかる動画はこちら。

平和が続くと、それが「当たり前」に感じてしまいますが、実際は過去の先人たちの努力の上に築かれていることを忘れないようにしたいものです。

世の中がただ「平和」であるだけで幸せ。

私たちはつい、「幸せの大きさ」を隣の人と比べて一喜一憂してしましますが、物の見方を少しだけ変えると、幸せは案外近くに落ちているものです。

18年間「うつ病」と闘って辿り着いた「幸せになる10の考え方」
私が18年に渡るうつ病経験から辿り着いた「幸せに近づく考え方」についてまとめました。ネガティブ思考や完璧主義をやめたい方にも「考え方を変える」ヒントになれば幸いです。
Sponsored Links

【まとめ】「クソゲー」を楽しめるかどうかは結局「考え方」しだい


以上、人生は「クソゲー」であっても「無理ゲー」ではない理由について解説しました。

【本記事のまとめ】
・現代はたとえ一文無しになっても再チャレンジできる
・低学歴・地方出身でもキャリアは積み重ねることができる
・外見(ルックス)の格差も今後は改善していく
・誰でも少額から「投資」を始められる時代は人類史上初めて
・当たり前ではない「今そこにある幸せ」を大事にしよう

確かに世の中は不公平だらけで、納得のいかないことの100や200は誰にでもあるものです。

でも「恵まれていない」から真面目に生きるのはアホらしい、と考えるのと「恵まれていない」からこそ「チャレンジしがいがある」と考えるのは、どちらも自分で決めることができます。

生まれつき「恵まれていない」人生というのは、例えるならマラソンの最後尾からスタートです。

もちろん、最後尾のスタートからでは、トップ集団に追いつくのは至難の業。しかし「人生の目的」は「他人に勝つ」ことだけではありません。

「他人に勝つ」ことを目的にしてしまったら、ウサギとカメの「ウサギ」のようなもの。それでは永遠に「ゴール」には到達できないのです。

【童話の教訓が深い…】人生を教えてくれる「子供に読み聞かせたい」3つの童話【絵本/おとぎ話/昔話】
子育てにも部下育成にも役立つ「教訓」を教えてくれる名作童話の読み方を解説します。子供の頭を良くする「4つの質問」もご紹介

長い「マラソン」だからこそ、道中の風景を楽しむのも良いですし、時には立ち止まって美味しいものを食べるのも良い。

人生という「ゲーム」を楽しめるかどうかは、結局自分の「考え方一つ」でどうにでも変えられるのです。

さん太
さん太
生きていれば、理不尽なこと、つらいこと、苦しいこともたくさんありますが、いつの日か「今の時代に生まれてきてよかったな」と思える日がきっとやってきますよ!
モニカ
モニカ
そうそう、楽しまないともったいないぜ!
…ってことで、今日こそA5ランクの肉たべたいな!
さん太
さん太
(り、理不尽だ…!)

タイトルとURLをコピーしました